2005年福岡県西方沖地震(Mjma7.0)

2007-06-10 更新
2005-03-21 初版
#このページへのリンクは自由です

 2005年(平成17年)3月20日10時53分頃、福岡県西方沖の玄界灘においてMjma7.0(暫定値)が発生しました。この地震により、福岡県の中央区、東区、前原市、佐賀県のみやき町で震度6弱を観測するなど、各地で非常に強い揺れを観測しました。

 九州大学地震火山観測研究センターでは、他の大学と協力し現地での観測調査等を行いました。


新着情報

過去の新着情報はこちら


目次

  • 地震活動マップ(1日毎自動更新)
  • 陸上地震観測
  • 海底地震観測
  • GPS観測
  • 資料
  • Data
  • 謝辞

  • 地震活動マップ(自動更新)

    2005年(平成17年)3月20日10時53分の本震(Mjma7.0)発生以降の、玄界灘及びその周辺地域での地震活動マップです。このマップは、毎日4時過ぎに更新されます。

    赤:1日以内に発生した地震
    黄:1日〜10日前に発生した地震
    緑:10日〜20日前に発生した地震
    白:本震発生〜20日前に発生した地震
    ○:手動による験測処理の震央
    □:自動処理の震央

    なお、最新30日間と1年間の地震活動マップはこちら


    陸上地震観測

    地震発生前の定常観測点分布図はこちらでしたが、精度の良い地震解析を行うために震源地域により近い場所に於いて臨時観測点を設置しました(下図)。

    なお、これらの観測で取得されるデータの一部は、気象庁からの要請により、気象庁へもリアルタイムで無償供与されており、地震の監視業務にも貢献をしています。

    参加機関は以下の通りです。

    北海道大学 地震火山研究観測センター
    東北大学 地震・噴火予知研究観測センター
    東京大学 地震研究所
    京都大学 防災研究所
    九州大学 地震火山観測研究センター
    鹿児島大学 南西島弧地震火山観測所

    臨時観測の情報(2006/01/10 現在の情報)

    テレメータによるオンライン観測点

    観測点名(CODE) 設置機関 テレメータ テレメータ期間 備考
    福岡志賀島(KU.FKSQ) 九州大学 VSAT 2005/3/21〜2005/5/20 志賀島勝馬(KU.FKS3)に移設
    福岡玄界島2(KU.FKGQ) 九州大学 無線 2005/3/21〜2005/4/1 玄界小学校
    福岡北崎2(KU.FKKQ) 九州大学 フレッツISDN 2005/3/23〜 北崎中学校。気象庁の一元化震源の震源決定のためにデータをリアルタイムで無償供与中
    福岡相ノ島(DP.AINS) 京都大学 VSAT 2005/3/24〜 気象庁の一元化震源の震源決定のためにデータをリアルタイムで無償供与中
    福岡小呂島(KU.FORQ) 九州大学 フレッツISDN 2005/3/27〜
    福岡能古島2(TU.NJH) 東北大学 フレッツISDN 2005/3/31〜 現地収録観測点をテレメータ化
    福岡玄界島3(KU.FKG2) 九州大学 フレッツISDN 2005/4/1〜 玄界中学校。気象庁の一元化震源の震源決定のためにデータをリアルタイムで無償供与中
    志賀島勝馬(KU.FKS3) 九州大学 フレッツISDN 2005/5/20〜 気象庁の一元化震源の震源決定のためにデータをリアルタイムで無償供与中

    データロガーによる現地収録型観測点

    観測点名(CODE) 設置機関 観測期間 備考
    福岡海の中道(KU.FKUQ) 九州大学 2005/3/21〜
    福岡北崎( HU.KTZ) 北海道大学・鹿児島大学 2005/3/21〜2005/6/28 北崎小学校
    福岡今津(HU.KIY) 北海道大学・鹿児島大学 2005/3/21〜2005/12/19
    福岡玄界島1(HU.GKJ) 北海道大学・鹿児島大学 2005/3/21〜2005/6/29 玄界小学校
    福岡芥屋(G.KEYA, KU.KEYA) 鹿児島大学、九州大学 2005/3/21〜 7/28より九大機材に置換
    福岡能古島(G.NOKO) 鹿児島大学 2005/3/21〜2005/7/28
    福岡津屋崎(KU.FTYQ) 九州大学 2005/3/21〜 九大水産実験所
    福岡大島村(KU.FOSQ) 九州大学 2005/3/21〜
    福岡三日月湖(KU.FMKQ) 九州大学 2005/3/21〜
    福岡小呂島2(KU.FOR2) 九州大学 2005/3/22〜2005/4/21
    萩尾(G.HAGI) 鹿児島大学 2005/3/22〜2005/7/28
    春日(G.KASG, KU.KASG) 鹿児島大学、九州大学 2005/3/22〜 7/28より九大機材に置換
    志賀島潮見(KU.FKS1) 九州大学 2005/3/22〜2005/9/19
    福岡相ノ島(TU.AIN) 東北大学 2005/3/22〜2005/6/1 相ノ島小学校
    志賀島金印(KU.FKS2) 九州大学 2005/3/22〜2005/9/19
    重留(G.SIGE) 鹿児島大学 2005/3/23〜2005/7/28
    福岡能古島2(TU.NJH) 東北大学 2005/3/23〜(2005/3/31) 能古中学校。3/31よりテレメータ化

    玄界島に設置した地震計の準リアルタイム波形

    福岡玄界島3(KU.FKG2)に設置した地震計のデータを準リアルタイムで表示しています。

    こちらをクッリクしてください(動作環境:Windows, InternetExplorer のみです)。

    東北大学大学院理学研究科附属 地震・噴火予知研究観測センターのサイトでは福岡能古島2(TU.NJH)の準リアルタイム波形が見れます。

    モニタ記録

    九州大学の定常観測点のモニタ記録はこちらです。20分毎の毎時5分、25分、45分過ぎに更新されます。FKS3(志賀島勝馬)、fkt(福岡高宮)、fkn(福岡西公園)、sbr(背振) 観測点が震源に近い観測点です。

    観測風景


    海底地震観測

    今回の地震は海底下で発生したため、より震源に近い場所で観測を行い精度の良い解析を行うために、以下の要領で海底地震観測を行いました。全観測点で良好な記録が取れており、現在解析が進められています。

    実施機関
    九州大学地震火山観測研究センター、東京大学地震研究所
    設置台数
    11台(計画では12台。都合により1台設置中止)
    設置航海日程
    2005年3月26日〜27日
    回収航海日程
    2005年4月13日〜14日(福岡県水産海洋技術センターの漁業調査取締船「げんかい」(119トン)で全台回収)
    海底地震計(OBS) 観測点配置図

    設置観測風景

    回収観測風景


    GPS観測

    参加機関は以下の通りです。

    北海道大学 地震火山研究観測センター
    九州大学 地震火山観測研究センター
    鹿児島大学 理学部

    (5/15 13:00現在の情報)

    観測点名(CODE) 設置機関 観測期間 備考
    福岡箱崎(QUS0) 九州大学 2005/3/20〜 九大理学部屋上
    福岡小呂島(FOR0) 九州大学 2005/3/21〜 小呂小中学校
    福岡北崎(KTZ) 北海道大学・鹿児島大学 2005/3/21〜 北崎小学校
    福岡玄界島(GKJ) 北海道大学・鹿児島大学 2005/3/21〜 玄界小学校
    福岡志賀島(SKSM) 鹿児島大学・北海道大学 2005/3/22〜 志賀島小学校
    福岡能古島(NKNS) 鹿児島大学・北海道大学 2005/3/22〜 能古小学校
    福岡高宮(FKT0) 九州大学 2005/4/11〜
    福岡西公園(FKN0) 九州大学 2005/4/12〜
    福岡粕屋(QUAF) 九州大学 2005/4/13〜 九大農場
    福岡篠栗(QUAE) 九州大学 2005/4/22〜 九大演習林

    資料


    Data

    Precise hypocentral parameter data (from March 20, 2005 to May 31, 2005)

    Precise hypocentral parameter data described in the paper of Earth, Planets and Space can be downloaded from here [MD5 (Hypo_EPS_Uehira.dat) = e847709ad559c651b1b190d1ceceba44]. If you want to use this data, you must refer the following paper.


    謝辞

     臨時観測に際しましては、以下の皆様をはじめとして、数多くの方々と機関に御協力いただいています。

    福岡県消防防災安全課及び漁政課、福岡市災害対策本部、福岡市教育委員会、小呂小学校、玄界小学校、玄界中学校、北崎中学校、北崎小学校、能古小学校、能古中学校、志賀島小学校、新宮町教育委員会、相島小学校、福岡県漁連、各漁協をはじめとする関係者の皆様、国営海の中道海浜公園、福岡県水産海洋技術センター及び漁業調査取締船「げんかい」

     地震の解析には、臨時観測点と九州大学のデータの他に、福岡市・気象庁・独立行政法人防災科学技術研究所のデータなどが使用されております。

     準リアルタイム波形表示のプログラムは東北大学の内田直希博士に提供していただきました。


    九州大学 大学院理学研究院 地震火山観測研究センター
    uehira@sevo.kyushu-u.ac.jp